陶磁器向けデルタ型3Dプリンタ「3D PotterBot」

「3D PotterBot」は米フロリダ州パームシティに本拠を置くDELTABOTSが開発した陶磁器専用のデルタ型3Dプリンタ。大量の粘土であっても水を混合する必要はなく、安定した正確な造形が可能という。

最大で直径165×高さ419mmまでの作品が造形可能。ノズル径は4種類(3.5mm、4mm、5mm、6.5mm)が付属しており、作品に合わせて交換できる。価格は2950ドル(約35万円)。

この記事を読む⇒ https://fabcross.jp/news/2015/02/20150217_3d_potterbot.html

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。