尾林焼 おばやしやき 〔長野県〕

南信州飯田に江戸後期より伝わる窯元。
飯田藩の御用窯として、篠田得斎が開窯したと伝えられている。長野県最古の焼き物で、美濃系の窯と言われる。いったん廃絶していたが、文政7年(1824)飯田城主のお庭焼の陶工として瀬戸から招かれた水野儀三郎により再興した。
尾林の地は古くから陶業が行われており、尾林古窯址として知られ、発掘調査もされている。近くにある八幡社(尾林神社)に奉納されていた狛犬には慶長14年(1609)の刻銘があり、在銘のものでは長野県下で最も古く、飯田市文化財に指定されている。
現在、六代目・水野雅史氏が伝統を受け継いでいる。



松代焼 まつしろやき 〔長野県〕

長野県長野市松代地区で焼かれる陶器。
江戸時代中期、第7代松代藩藩主・真田幸専の時代に誕生し、藩の御用窯として栄えた。
寛政の初め頃に唐津で修行を積んだ嘉平次という陶工が開窯し、藍甕を焼いたのが始まりであるが、後の文化13年に松代藩の藩窯として奨励した際、嘉平次窯を買収し、京都から陶工を招いて焼かせた寺尾焼、信楽から陶工を招いた天王山焼、また常滑から陶工を招いた荒神町焼、代官町焼などが生まれた。
主に生活陶器を焼いていたが、安価で大量生産が行われていた伊万里焼や瀬戸焼に圧され、いずれも大正末期〜昭和初期までに全てが廃窯となる。その後、京都の陶工である内島北郎により研究の過程で「松代焼」と名付けられた。
現在の松代焼は1972年(昭和47年)に復興されたものであり、当時から残されていた陶器の欠片と資料を参考に再生している。

青味を帯びた器肌と豪快に流された青緑色の釉薬(青流し)が特徴。青味を帯びるのは、陶土に鉄分を持っているため。緑色の釉薬は松代焼独特のもので、銅を混ぜることによって陶土と反応させ、独特の光沢が生まれるといわれる。

松代陶苑[陶芸体験]
あまかざり工房[陶芸体験]

高遠焼 たかとおやき 〔長野県〕

長野県高遠町(現伊那市)にて焼かれる陶器。文化9年(1812)年に城内に水を引くため、美濃国より陶工を招き土管を焼いたのが始まり。その後は御庭焼として重宝された。明治10年に衰退、昭和初期に一旦廃窯の憂き目に遭うが、近年になって見直され、昭和50年に陶工・唐木米之助が復興、伝統を受け継いだ高遠焼が復活した。

原料の粘土が赤土であるために彩りを出すため釉薬を二重掛けしているのが特徴。緑釉に白釉、深い青を出す瑠璃釉、高遠名物のコヒガンザクラに因んだ桜色の桜釉など。

高遠焼 白山登窯[陶芸体験]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。