越中丸山焼 えっちゅうまるやまやき 〔富山県〕

越中瀬戸焼・小杉焼とならんで越中近世三大窯の一つに挙げられる。素朴な絵付けと洋絵具の愛らしい色合いが特徴。
文政12年(1829)、京都で製陶を学んだ山本甚左衛門が郷里の丸山村で窯を開いたのが始まり。当初は経営難で苦しんだが、富山藩からの援助を受け発展した。最盛期には前口40間、奥行37間の敷地に工場、13基の窯、50人を数えたといわれる工人の住居など幾棟もの建物が立ち並び、富山湾からも見えたと伝えられる。
しかし安政5年(1858年)、安政の大地震をきっかけに次第に衰退。明治3年に甚左衛門が亡くなったあとは、販路縮小・製品の質の劣化が深刻になり、明治27年に廃窯した。
窯跡は昭和36年に市の史跡に指定されている。

三助焼 さんすけやき 〔富山県〕

富山県砺波市において、150年にわたり作り続けられている焼き物。地元で取れる土を用い、この土地が生み出した草木から釉薬を作る。淡く深い緑色の釉薬が特徴。

富山県砺波市の福山丘陵一帯は陶土に恵まれ、古くは奈良・平安時代の須恵器に始まり、生活用具と瓦の製造が行われていた。
この瓦製造の一軒であった谷口三助(嘉永元年〜明治38年)とその長男、谷口太七郎(明治7年〜昭和8年)が瓦製造の窯で壺、鉢、皿などの生活用具を作り始め、三助焼の基礎を築いた。

三助焼窯元

小杉焼 こすぎやき 〔富山県〕

天保6年の頃に地元の陶工、高畑与左衛門が開窯した。与左衛門は相馬を始め、瀬戸、美濃、京都など様々な窯元を訪ねては研鑽を重ねたといわれた人物。以来明治30年頃までの約80年間、4代にわたって射水市(旧小杉町)周辺で焼かれたが、明治末期に跡取りの夭逝など不運に見舞われて廃窯した。
昭和に入り二度の再興が試みられたが、戦乱の世の所為もありいずれも短命に終わった。その後昭和45年に池上栄一が小杉焼再興を宣言し、現代風の意匠を採り入れた作品を焼き続けている。

銅青磁釉と飴釉による色合いが特徴。特に「小杉青磁」と呼ばれる緑釉の一種は淡い緑色の発色をしており、緑釉の代表である織部釉とは一味違う落ち着いた色合いを呈している。

[窯元/作家]
栄一窯(池上栄一)

越中瀬戸焼 えっちゅうせとやき 〔富山県〕

富山県立山町瀬戸地区にて焼かれる陶器。瀬戸焼や美濃焼の影響を強く受けている。大胆な施釉が特徴で、釉薬を掛け流した後、高温で焼成する。

文禄3年4月に、加賀藩主の前田利長が尾張国瀬戸より陶工、彦右衛門を招いて焼かせたのが始まりといわれる。藩の御用窯として栄え、尾張の磁器産地「瀬戸」に因んで産地一帯が瀬戸村と名付けられるほど、越中国随一の磁器産地として名を馳せた。
しかし近世に入り幕府の保護がなくなったこと、加えて鉄道の開通によって瀬戸や有田から安価な陶器が流入したことにより競争力を失う。明治・大正時代と進むにつれて多くの窯は瓦業に転じ陶器製業は廃れた。
昭和18年に、地元の有志らの手によって廃窯となっていた窯場を研究、昭和33年に釈永庄二郎が庄楽窯を開窯し、再興に漕ぎ着けた。現在は4つの窯場が伝統的な技法を継承している。

[窯元/作家]
庄楽窯(釋永由紀夫、釋永陽
四郎八窯(加藤聡明)
千寿窯(吉野香岳)
枯芒ノ窯(北村風巳)