五頭焼 ごずやき 〔新潟県〕

五頭温泉郷の窯元。地元の土を使った陶器は少しざらざらした表面が特徴的。

[窯元/作家]
五頭焼倉島窯(倉島義宏)

笹神焼 ささかみやき 〔新潟県〕

五頭温泉郷の窯元。地元の土を使った陶器は少しざらざらした表面が特徴的。

[窯元/作家]
笹神焼宮下窯(渡部久男)

村松焼 むらまつやき 〔新潟県〕

天保12年(1841年)から明治25年(1892年)まで新潟県の村松藩の城下町村松(現・新潟県五泉市)で焼かれた陶器。
伝世品のいくつかは五泉市村松郷土資料館に残されている。

庵地焼 あんちやき 〔新潟県〕

新潟県阿賀野市保田、通称庵地地区で焼かれている陶器で、「庵地の黒」といわれるほど、黒色の釉薬に特徴がある。
1878年(明治11年)村松焼の陶工・旗野直太郎が郷里の庵地で「保田焼」として創業したのが始まり。
昭和の初期、同地には村山、旗野、田村、井上の諸窯があったが、第二次世界大戦を前後に、旗野窯のみが残り、甕、鉢、皿、碗、徳利、片口などの食器のほか、湯たんぽ、火鉢、植木鉢などの雑器を焼いた。
旗野嘉山(嘉一)が継承し、3代目の旗野義山(義夫)が研鑽努力し民芸窯としての地歩を固めた。義山没後は実子の三姉妹が継いでいる。「三姉妹の窯」とよばれる。
津村節子の小説『土恋』は同窯がモデル。



[窯元 LINK]
旗野窯

[取扱店]
三姉妹の窯 庵地焼(直営)

無名異焼 むみょういやき 〔新潟県〕

文政2年(1819年)、伊藤甚平が佐渡金山の坑内で産する「無名異」とよばれる酸化鉄を含む鉱物を陶土に用い、楽焼を製造したことに始まる。安政4年(1857年)に伊藤富太郎がその無名異で本焼を始めた。
その後、三浦常山が、従来の質のもろい無名異焼を中国の宜興(ぎこう)窯の朱紫泥と同様な堅牢な焼物にしようと努力を重ね、高火度の朱紫泥焼を完成させた。
成型から乾燥まで約30%も収縮するため、製品は非常に硬く、たたくと澄んだ金属音を発し、使用するに従って光沢を増す。

[窯元 LINK]
無名異焼 玉堂窯元
佐渡無名異焼窯元 紫雲堂 玉山
無名異焼 窯元 北沢窯

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。