今戸焼 いまどやき 〔東京都〕

東京都台東区浅草今戸や橋場とその周辺で江戸時代初期(1690年頃)以後、町作りに必要な瓦、土器などの生産を主として作られ始めた。瓦、日常生活道具、土人形(今戸人形)などが作られたが、明治期にはほぼ廃絶。
関東大震災後、いくつかの人形の型が発掘され、再び製作が行われたが、代用瓦や土器の生産が向上してきたことや、都市部の中心で火を用いる作業が困難になり、ゆっくりと衰退していく。
そんな折り、ある職人の家屋の移転工事の最中に数多くの今戸人形が掘り出されたのを機に、今戸に唯一残って焼き物を製作していた白井孝一家が人形づくりも請け負うようになった。現在は孫の白井裕一郎氏がその意志を継いでいる。
また、吉田義和氏が、今戸焼きの丸〆猫を復刻。古き良き時代の江戸東京の土人形の再現を目指しているという。

東京の土人形 今戸焼?!今戸人形? いまどき人形(吉田義和)