飯能焼 はんのうやき 〔埼玉県〕

江戸時代後期、矢颪窯・白子窯・原窯などの窯(いずれも創業・廃窯時期は不明)で地元の陶土を使い、素朴ながら技術的に優れた陶器を焼いていたが、原窯を最後にその姿も途絶え、「幻の飯能焼」と言われるようになった。
昭和50年に虎澤英雄氏が再興。作品は飯能焼伝統の灰釉に白絵土によるイッチン描きから青磁、白磁、志野、楽、織部、絵付け等、幅広くに及ぶ。
また、昭和58年に岸道生氏が開窯し、地元の陶土を使うことにより土の特性が薬や形に現れ自然と特徴が出てくるとの思いからそれを「純飯能焼」、古い時代の飯能焼を「古飯能焼」と表現している。

【窯元・作家】
飯能焼 武州飯能窯(虎澤英雄)
純飯能焼窯元 破草鞋窯(岸道生)

【取扱店】
岸道生・破草鞋窯

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。