藤沢焼 ふじさわやき 〔岩手県〕

1972年に本間伸一が岩手県藤沢町(現・一関市)に築窯。
成型した作品を上釉を使わずに直接穴窯に入れ、数日間赤松で火を焚き続けて作る焼締陶器。
焼き上りは緑の釉が被って上釉をかけたようになり、素朴なぬくもりを感じさせる焼き物。

[作家]本間伸一

台焼 だいやき 〔岩手県〕

明治28年、杉村勘兵衛が、かつて台温泉で焼かれていた湯ノ沢焼(小瀬川焼)の窯を利用して始めた焼物。
登り窯とガス窯を使い、磁器では白磁染付、青磁、辰砂等及び陶器を製作。
やや鈍色の白い器肌に、染付や釉薬を用いて意匠を作る「糖青磁釉」と呼ばれる薄緑の色合いが特徴の焼き物。

鍛冶丁焼 かじちょうやき 〔岩手県〕

花巻市鍛冶町、古舘伊織の創業。戦災の影響を被って絶えてしまったが、昭和22年、阿部勝元が伝統的な手法を蘇らせて再興した。
花巻市大谷地の粘土に豊沢川上流の山砂を加え、ロクロ製法による手づくりで、伝統的な登り窯を使って焼き上げる。
温度の差により焼く度に異なった陶肌現象があり素朴で雅趣に富む。

小久慈焼 こくじやき 〔岩手県〕

江戸時代後期、初代「熊谷甚右衛門」が、相馬より招いた陶工「嘉蔵」に師事したことから始まる。
地元久慈で採れる粘土と釉薬で独自の焼きものを創り出した。糠白釉や飴釉、掛分釉だけを流し掛けただけの素朴な味わいが特色。

小久慈焼

[陶芸体験]小久慈焼(岩手県久慈市)(手びねり、ろくろ)

[取扱店/作品]