台ヶ森焼 だいがもりやき 〔宮城県〕

仙台藩伊達家の湯治場の一つ、台ヶ森の地から取れる土を使い創られる陶器。
昔から亜炭鉱として使われていた為、亜炭・鉄・銅 など様々な鉱物があり複雑な色合いが生まれる。

[作家]安部 勝斎

[陶芸体験]百窯の里(台ヶ森焼)七ツ森陶芸体験館(宮城県黒川郡大和町)

切込焼 きりごめやき 〔宮城県〕

江戸時代の後期から明治時代の初め頃まで、加美町の切込地区を中心に生産されていた陶磁器。
江戸時代には伊達藩の御用窯として繁栄し隆盛を極めたと伝えられるが、その創始などの詳細は謎に包まれている。
明治初期に一旦廃絶したが、現在、加美町切込地区でまちおこしの一環として復活、製作されている。
青を基調とした染付が特徴で、白磁、瑠璃、砂鉄、三彩などがある。

[陶芸体験]加美町陶芸の里 切込焼記念館(宮城県加美郡)

堤焼 つつみやき 〔宮城県〕

かつて堤町(仙台市青葉区)一帯に窯場があったことから、その名がついた。
粗く優れた地元の土を活かした素朴さと、黒と白の釉薬を豪快に流し掛けた「海鼠釉(なまこゆう)」が特徴。
二重に流し掛けることによって、上下の釉薬が化学反応を起こし、器の表面に濃淡の斑が発色し、味わいのある斑紋、流紋となる。

堤焼乾馬窯

[陶芸体験]堤焼乾馬窯(宮城県仙台市)

[取扱店/作品]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。