尾林焼 おばやしやき 〔長野県〕

南信州飯田に江戸後期より伝わる窯元。
飯田藩の御用窯として、篠田得斎が開窯したと伝えられている。長野県最古の焼き物で、美濃系の窯と言われる。いったん廃絶していたが、文政7年(1824)飯田城主のお庭焼の陶工として瀬戸から招かれた水野儀三郎により再興した。
尾林の地は古くから陶業が行われており、尾林古窯址として知られ、発掘調査もされている。近くにある八幡社(尾林神社)に奉納されていた狛犬には慶長14年(1609)の刻銘があり、在銘のものでは長野県下で最も古く、飯田市文化財に指定されている。
現在、六代目・水野雅史氏が伝統を受け継いでいる。