松代焼 まつしろやき 〔長野県〕

長野県長野市松代地区で焼かれる陶器。
江戸時代中期、第7代松代藩藩主・真田幸専の時代に誕生し、藩の御用窯として栄えた。
寛政の初め頃に唐津で修行を積んだ嘉平次という陶工が開窯し、藍甕を焼いたのが始まりであるが、後の文化13年に松代藩の藩窯として奨励した際、嘉平次窯を買収し、京都から陶工を招いて焼かせた寺尾焼、信楽から陶工を招いた天王山焼、また常滑から陶工を招いた荒神町焼、代官町焼などが生まれた。
主に生活陶器を焼いていたが、安価で大量生産が行われていた伊万里焼や瀬戸焼に圧され、いずれも大正末期〜昭和初期までに全てが廃窯となる。その後、京都の陶工である内島北郎により研究の過程で「松代焼」と名付けられた。
現在の松代焼は1972年(昭和47年)に復興されたものであり、当時から残されていた陶器の欠片と資料を参考に再生している。

青味を帯びた器肌と豪快に流された青緑色の釉薬(青流し)が特徴。青味を帯びるのは、陶土に鉄分を持っているため。緑色の釉薬は松代焼独特のもので、銅を混ぜることによって陶土と反応させ、独特の光沢が生まれるといわれる。

松代陶苑[陶芸体験]
あまかざり工房[陶芸体験]