高遠焼 たかとおやき 〔長野県〕

長野県高遠町(現伊那市)にて焼かれる陶器。文化9年(1812)年に城内に水を引くため、美濃国より陶工を招き土管を焼いたのが始まり。その後は御庭焼として重宝された。明治10年に衰退、昭和初期に一旦廃窯の憂き目に遭うが、近年になって見直され、昭和50年に陶工・唐木米之助が復興、伝統を受け継いだ高遠焼が復活した。

原料の粘土が赤土であるために彩りを出すため釉薬を二重掛けしているのが特徴。緑釉に白釉、深い青を出す瑠璃釉、高遠名物のコヒガンザクラに因んだ桜色の桜釉など。

高遠焼 白山登窯[陶芸体験]