珠洲焼 すずやき 〔石川県〕

平安時代末頃から室町時代後期にかけて、珠洲郡(現在の珠洲市および鳳珠郡能登町の旧内浦町地域)内で生産された焼き物。

製造技術は、古墳時代から平安時代にかけて焼かれた須恵器の技法を受け継いでいる。丘陵の斜面にトンネル状の窖窯を築き、燃料の量に対して供給する空気を制限する還元炎焼成を行ない、1200度以上の高温で焼き締める。さらに火をとめる段階で焚口・煙道を密閉して窯内を酸欠状態にすることで、粘土に含まれる鉄分が黒く発色、焼きあがった製品は青灰〜灰黒色となる。釉薬は使用していないが、焼成中に降りかかった灰が熔けて自然釉を生じ、独特の景色となっている。

製品は、海上輸送によって北海道南部から福井県にかけての日本海側を中心に広く流通した。14世紀には最盛期をむかえて、日本列島の4分の1を商圏とするまでになったが、15世紀後半には急速に衰え、まもなく廃絶した。戦国の世になり、生産・流通の後ろだてであった荘園領主の力が衰え、流通圏確保が難しくなったこと、また越前窯や常滑窯、備前窯などが分業や窯の大型化により、生産性を向上させていったことに対抗できなくなったことなどが衰退の理由と考えられる。

約400年前に忽然と姿を消した珠洲焼を、1976年(昭和51年)珠洲市が復興した。1989年に石川県指定伝統的工芸品の指定を受けている。


珠洲焼資料館
珠洲焼館
珠洲焼創炎会
珠洲市陶芸センター[陶芸体験]