堤焼 つつみやき 〔宮城県〕

かつて堤町(仙台市青葉区)一帯に窯場があったことから、その名がついた。
粗く優れた地元の土を活かした素朴さと、黒と白の釉薬を豪快に流し掛けた「海鼠釉(なまこゆう)」が特徴。
二重に流し掛けることによって、上下の釉薬が化学反応を起こし、器の表面に濃淡の斑が発色し、味わいのある斑紋、流紋となる。

堤焼乾馬窯

[陶芸体験]堤焼乾馬窯(宮城県仙台市)

[取扱店/作品]



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。